So-net無料ブログ作成
検索選択

AppleがiPhoneの新モデル「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」発表  [apple]

とその前に、
Appleは9月9日(現地時間)、次期iPhoneの発表イベントで、U2のニューアルバム「Songs of Innocence」を一般発売に先駆けてiTunesユーザーに無料先行配信すると発表した。

とのことなので、さっそくダウンロードしちゃいました。てへ。
iTunes Storeからダウンロードできるようになっているので、ぜひどうぞ。

では本題の iPhone 6。

事前のうわさどおり、4.7インチと5.5インチの2モデル。
図体はデカくなったけど薄くなって、丸みを帯びたデザインへ変更。
カラーは、シルバー、ゴールド、スペースグレイの3種類。
そして以下な感じです。
ディスプレイ
iPhone 6 Retina HDディスプレイ 4.7インチ(1334× 750ピクセル、326ppi)
iPhone 6 Plus Retina HDディスプレイ 5.5インチフルHD(1920×1080ピクセル、401ppi)
iPhone 5s Retinaディスプレイ 4.0インチ(1920× 640ピクセル、326ppi)

サイズ、重量(高さ×幅×厚、重さ)
iPhone 6 138.0 × 67.0 × 6.9mm、129g
iPhone 6 Plus 158.1 × 77.8 × 7.1mm、172g
iPhone 5s 123.8 × 58.6 × 7.6mm、112g

容量と価格(価格はApple Storeの税別価格)
16GB、64GB、128GBの3種類で、32GBモデルはなくなった。
iPhone 6
16GB ¥67,800
64GB ¥79,800
128GB ¥89,800
iPhone 6 Plus
16GB ¥79,800
64GB ¥89,800
128GB ¥99,800

source
 apple すべてのiPhoneモデルを見る


私はまだiPhone 4sで踏ん張ってますが、そろそろ買い替えを考えはじめてます。
Macを使ってる私には、相性的にもデザイン的にもiPhoneが一番いいんですけど、財布と相談しないとなんともしがたいところがもどかしい。

でもですね、米国では 16GB 199ドル、64GB 299ドル、128GB 399ドルで販売してるんです。今のドル円相場105円で単純計算すると日本円で 16GB 2万円、64GB 3万円、128GB 4万円ぐらいなんです。前提の為替レートとか諸々あるとしても、いい商売してるんですねアップルさん。
でもそれだけ付加価値があってすごいのか?世の中が間違っているのか?[ひらめき]

あと日本でもiPhone 6のSIMロックフリー版が販売されるらしいですが、総務省もクーリングオフとSIMロック解除の義務化なんてことをやろうとしてるから、今後はSIMロックフリーがスタンダードになっていくのでしょうか。

「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」は、
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルともに9月19日発売。9月12日午後4時より予約受付開始です。
さて日本の3大キャリア、どんな料金プラン、キャンペーンを打ってくるのでしょうか。楽しみです。やっぱり横並び?


One more thing..
同時に発表された「Apple Watch」や、WWDC 2014で発表済みの「iOS 8」「OS X 10.10 Yosemite」についても、後日まとめてみたいと思います。

ただApple Watchは、iPhone 4sに対応しないし(iPhone 5/5s/5cからの対応)、あまり欲しいと思わないので微妙。
ちなみに来年初頭に発売予定で、米国価格 349ドルから。だそうです。
時計と考えると高い気がするけど、未知数ですね。。。


以下、美貌録いや備忘録(独断と偏見で自分が欲しい情報だけ整理しました)


チップは、64ビットアーキテクチャ搭載A8チップ。
20ナノメートルプロセスを採用した第2世代。A7チップに比べてエネルギー効率が50%向上。
CPUから独立して処理を行うモーションコプロセッサも「M8」に進化。歩数(走った距離も含む)や(気圧計により)高度の計測も可能。ジャイロスコープとも連携し、車の運転も検知してくれる。


新たにNFCをサポート
非接触通信のNFCを搭載。読み取り機にかざしてTouch IDで認証することで支払いが完了。(米国では Amex、Mastercard、Visaに対応)
Touch IDと連携させた「Apple Pay」という決済サービスを10月に導入する予定。(日本で導入するかは不明)。


iSightカメラ(背面)は、「Focus Pixel」を採用。
新しい画像信号プロセッサを使い、より多くの画像情報をセンサーに送ることで、オートフォーカスがより速く、正確になった。顔検出機能も進化し、遠くの顔や集団の顔をより速く正確に認識できるほか、まばたきや笑顔をも検出してくれる。
4段階の露出調整、4枚を撮影しての自動手ブレ補正も利用できる。
8メガピクセル、画素あたりのサイズが1.5ミクロン、F値が2.2はiPhone 5sから据え置き。(iPhone 6 Plusは光学式手ブレ補正を搭載しているが、6は搭載していない)
動画撮影は60fpsのスローモーションフルHDビデオ撮影に加え、240fpsのスローモーションHD動画の撮影も可能に。「映画レベル」という手ブレ補正機能も備えた。撮影した動画を高速で再生できる「タイムラプスビデオ」の撮影も利用できる。


FaceTimeカメラ(前面)は、1秒間に10枚の撮影が可能なバーストモード(連写)が追加。
3秒か10秒の「タイマーモード(セルフタイマー)」も用意。
1.2メガピクセルは変わらないが、レンズの明るさがF2.4からF2.2となり、取り込める光量が81%アップ。


通信サービスはLTEに対応し、iPhone 5sの下り最大100Mbpsから下り最大150Mbpsに高速化。
LTEの周波数帯は、iPhone 5sよりも7つ多い20に対応。
LTEはFDD-LTEがバンド1、2、3、4、5、7、8、13、17、18、19、20、25、26、28、29、
TD-LTEがバンド38、39、40、41をサポート。
無線LANはIEEE802.11acをサポートし、11nに比べて3倍の高速化。また、キャリアアグリゲーション(CA)やVoLTEも利用できる。(ドコモのVoLTEやauのCAが利用できるかは現時点では不明)。


SIMロックフリー版が日本でも発売される。
別途ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルのSIMカードを用意する必要がある。
iPhone 6/6 PlusはnanoSIMを採用している。
通信キャリが販売するモデルと異なり、毎月の通信料から割り引くサービスなどは受けられない。

以上

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。