So-net無料ブログ作成
検索選択

奇跡の値段  [empathy]

あるブログを見て、どこかで見た話だなぁと思ってたら、これだった。

---
テスは、おませな8歳の女の子。
ママとパパが弟のアンドリューの話をしているのを聞いていた。

テスに分かったのは、弟は重い病気だが、両親にはお金が全然ないということだった。
パパには治療費と家のローンを払うお金がないので、翌月にはアパートに引っ越すことになっていた。
高額の手術のみが弟を救えるかもしれなかったが、だれもそんなお金を貸してくれそうになかった。
パパが涙ぐんでいるママに、「もう奇跡でも起こらない限りは助からないよ…。」とすっかり落ち込んでささやいているのが聞こえた。


Ads by admax



テスは自分の寝室に行き、クローゼットの隠し場所からジャムのあきビンを取り出した。
テスはそこに貯めていた小銭を床にひろげ、注意深くかぞえた。3回もかぞえなおした。
合計金額は正確でなければならない。今回はまちがいは許されない。
小銭をあきビンに注意深くもどし、ふたをして、テスは裏口からこっそりと出かた。
6ブロック先の、インディアン酋長の看板が目印のレクソール薬局に向かった。

テスは薬剤師が気づいてくれるのをじっと待っていたが、他のことに気を取られているようだ。
足で床をこするような音をたててみたが、気づいてもらえない。
今度はできるだけ不愉快な音で「エヘン」と喉をならしてみた。
やはりダメだ。

ついにあきビンから25セント硬貨を取りだし、ガラスのカウンターの上にバンと音をたてて置いてみた。
今度はうまくいった!

「それで、一体なにが欲しいんだい?」 薬剤師はイラついた声でテスに聞いた。
「もう何年も会ってなかったシカゴの兄さんと話してるところなんだけどね!」 とテスの返事も待たずにいった。

「弟のことで来たのよ!」 テスは同じようにイラついた調子で答えた。
「弟はとってもとっても重い病気だから、奇跡が欲しいの。」

「何だって?」 薬剤師がいった。

「弟はアンドリューというのだけど、頭の中に悪いできものができていて、
パパはもう奇跡しかアンドリューを助ける方法はないって言うの。それで奇跡はいくらで買えるの?」

「…ここでは奇跡は売っていないよ、お嬢さん。申し訳ないけどお役に立てないよ。」
薬剤師はいくらか口調をやわらげていった。

「ねえ、お金ならあるのよ。もし足りなければ取ってくるわ。だからいくら?」

薬剤師の兄である身なりのよい紳士が、かがみ込んで少女に、
「君の弟はどういった奇跡が必要なんだい?」
とたずねた。

「良く分からないわ。」テスは目に涙をいっぱいためて答えた。
「ただ重い病気でママは手術が必要だと言っているわ。でもパパにはお金がないから私が払ってあげたいの。」

「それで君はいくら持ってるんだい?」シカゴから来た紳士はたずねた。
「1ドルと11セントよ」テスはほとんど聞き取れないような声で答えた。
「今もっているのは、それで全部。でももっと必要なら何とかするわ。」

「いやあ、偶然だね!」紳士は答えた。
「1ドル11セントは弟の奇跡にちょうどピッタリの額だよ。」

紳士は1ドル11セントを片手ににぎりしめ、もう片方の手で手袋をはめているテスの手を握って言った。
「君の家につれて行ってくれないか。君の弟とご両親に会いたいんだ。
僕が君の必要としている奇跡をもっているか確かめてみよう。」

この身なりの良い紳士はカールトン・アームストロング博士という脳外科医だった。
手術は善意で行われ、アンドリューはまもなく元気になって家にもどることができた。
ママとパパは現在に至る一連の出来事についてうれしそうに話した。

「あの外科医こそまさに奇跡だったわ」ママはささやいた。
「実際はどれくらいお金がかかったのかしら?」
テスは微笑んだ。
テスは奇跡がちょうどいくらか知っていた。1ドル11セント、それに小さな女の子の信念だ。

引用元:http://orangesom-orangesom.blogspot.jp/2011/09/blog-post_19.html



この話、ほんとかどうかは分かりませんが、もしほんとにあったとしたら、かっこいい話ですよね。
最近、奈良のおばあちゃん(93)が、2700万円相当の救急車を寄贈ってニュースもあったので、
こんなかっこいいおばあちゃんなら目指したいものです。
(宝くじ当たるような奇跡が起こらなければ、無理ですけど。。。。)



ちなみに、この話のソースは、2001年に出版された本っぽい。
『Spirituality and Healing: A Multicultural Perspective』
https://books.google.co.jp/books?id=UqOlhHiLVjYC&hl=ja&source=gbs_navlinks_s

このなかで、"The Miracle: A True Story (author unknown)"として綴られている。
referrences として、Alcoholics Anonymous とかの記載もあるけどね。。。



それでも....
I want to believe in miracles!
Do you?






Ads by Google


タグ:奇跡 値段
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。